VLOOKUP下から検索する方法

さて、今回のお題はVLOOKUPについてですが
データを検索する際に、データの「上」から情報を検索する関数です。

ではこれを下から検索する(条件に一致した際に、一番下のデータを取得する)
方法はあるのか。やってみたいと思います。

まずは通常のVLOOKUPを見てみましょう

こちら通常のVLOOKUPの場合、下のデータリストで一致するものが3つありますが、そのうちの「一番上」のデータが取得されています。
では「一番下」のデータを取得するにはどうすればよいのでしょうか。

データリストに連番を!一番下が「1」になるようにする

=COUNTIF($C7:$C$1048576,C7)

COUNTIF関数ですが、これをデータリストの左隣に入力し、データリストの下までコピペしました。
データリストの中に検索値がいくつあるのか調べているのですが
一番上の行ではデータリストの全範囲を調べているので一番多い数字(この例では「3」)になりますが
下にいくほどCOUNTIFの検索範囲が狭まり、一番下では「1」がつくようになるのです。

上のVLOOKUPで検索値として使用する側にも「1」をふります。

次に、VLOOKUPの使用する新しい検索値を作成します。

元々検索値として使用していた列と、先ほど作成した番号を∞出繋げました。
(∞でなくても構いません)

あとはこの新しい検索値を使い、VLOOKUP関数を行えば…

Num「1」がふられている一番下のデータが取得できました!
これでVLOOKUP下から検索が完成です。

この内容はyoutube動画でもアップしていますのでよかったらご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA